スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
今日のインプラント手術について
今日、午後から左下7番のインプラント手術がありました。
インプラントを埋入をするようになって15年がたちます。
最初は、ITIインプラントを、使用しました。
次に、当時、総入れ歯の方にはブローネンマルクインプラントによる
ボーンアンカードブリッジが最適と言われていたためこれを取り入れて
歯のぜんぜんない方も手かげるようになりました。
次に、このインプラントの完全コピーの3Iインプラントも使用するようになりました。この当時本家のブローネンマルクインプラントには、今では当たり前のラフサーフェースのインプラント体がまだ販売されず
症例をかなり選んで手術をしていましたが、3Iのインプラント体
を使用するようになって、ほとんどの症例で使用することができるようになりました。
 ただ、ブローネンマルクインプラント、3Iインプラントはエクスターナルインプラントであったために、インターナルインプラントを使用したい症例ができたために、インプラテックスのインプラントも使用するようになりました。
そして、今日、第二世代のインプラントと言われているアストラインプラントを初めて埋入しました。今までのインプラントだと第一スレッド(ねじ山の一番上の部分)まではインプラントに力をかけた時点で吸収を起こすのは、当たり前のことでしたが、このインプラントはそのデザインによりほとんど吸収をおこさないようです。
 実際に植えてみて、他のインプラントと大きな違いはかんじられませんでしたが、
実際に患者さんがその部分でかみ始めたときに言われている状態が保たれれば良いなと今から楽しみにしています。何か、すごく長くなってしまいました。すいません。
20060410224903.jpg

20060410224903.jpg

スポンサーサイト
【 2006/04/10 22:50 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今日は歯科医師会学術委員会の日 | ホーム | 携帯からの初めての投稿>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://arayashika.blog59.fc2.com/tb.php/2-16897617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。