スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
歯の再生
今日の朝日新聞に興味ある記事がありましたので引用いたします。これが、再生療法として実現されれば、歯を抜いた後にまた、新しい歯を作ることができる夢の実現となると思います。下記は朝日新聞の記事です。


細胞から歯が再生 東京理科大のグループ、マウスで成功
2007年02月19日03時08分


歯の再生の流れ

 マウスの胎児から歯のもとになる細胞を取り出して培養し、おとなの歯を再生させることに、東京理科大の辻孝・助教授(再生医工学)らの研究グループが成功した。作製の成功率は100%で、歯の中に血管や神経などもできていた。臓器を人工的に再生させる技術につながると期待される。18日付の米科学誌ネイチャーメソッズ電子版で発表する。

 胎児期にはさまざまな臓器や組織が、上皮細胞と間葉細胞という2種の細胞の相互作用でつくられる。辻さんらはこれに着目。マウス胎児のあごの歯胚(はい)から取り出した両細胞を酵素でばらばらにし、どちらも高密度の細胞塊にしたうえで、区分けしてコラーゲンのゲルに入れると、培養に成功することを突き止めた。

 さらに、この細胞塊を50匹のマウスの腎皮膜下に注射。14日後に、すべてで歯の形成を確認できた。歯の再生研究は他にもあるが、作製率は20~25%にとどまっていた。

 また、生体内で育てた歯や、生体の外で人工培養を続けた細胞塊を、おとなのマウスの歯を抜いた跡に移植すると、歯が高い頻度で生着した。この歯の内部には血管や神経のほか、クッションなどの役割を果たす歯根膜も再生できていた。

 グループは今回、同様の手法で毛の再生にも成功した。今後、肝臓や腎臓などの臓器づくりも目指すという。


TKY200702190077.jpg

TKY200702190077.jpg

スポンサーサイト
【 2007/02/19 17:00 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<お腹がすいた | ホーム | 羽田空港に行って来ました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://arayashika.blog59.fc2.com/tb.php/24-e88dc2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
歯根膜について
歯根膜歯根膜(しこんまく)とは、歯槽骨に歯を植立する懸架組織であり、その主な構成要素はコラーゲンの太い束からなる歯根膜線維である。歯根膜線維は、タイプIII型コラーゲンを少量に含むタイプI型コラーゲンを主成分とする。弾性繊維はないとされている。尚、歯槽壁に接 歯・は・歯!【 2007/03/05 17:13 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。